ウクライナを守る泥 日本を守る砂?「天然の障害」防衛にどう生かす ロシア軍は足取られ

ウクライナに侵攻したロシア軍を阻んだものとして、ウクライナ軍の抵抗のほかにも、泥濘化した大地があるとのこと。日本に置き換えた場合、敵の侵攻を阻むものとして砂浜が同じような効果を期待できそうだといいます。

冬将軍ならぬ泥将軍

 2022年2月24日、ロシア軍がウクライナに侵攻を開始しました。当初は短期間で首都キエフを含む大部分がロシアに占領されると思われていたものの、ウクライナ軍と国民による激しい抵抗によって戦争は長期化しています。

 ロシア軍の侵攻を阻んだ要因は複数ありますが、そのなかには雪解けによって泥濘化した大地もあるといわれます。この泥濘は非常に厄介なもののようで、タイヤ駆動のトラックや装輪装甲車だけではなく、地上戦力の主役である戦車ですら、はまるものが続出しているといいます。

Large 220315 beach 01

拡大画像

ロシア軍が遺棄していったT-80戦車(画像:ウクライナ軍参謀本部)。

 これと同じようなことが、つい先日、日本でもありました。3月4日から始まった「令和3年度第31海兵機動展開隊との共同訓練」。この訓練は、陸上自衛隊と沖縄駐留のアメリカ海兵隊との共同訓練として東富士演習場などを舞台に行われたもので、その一環として、アメリカ海兵隊は静岡県沼津市にある今沢海浜訓練場において車両の揚陸訓練を行いました。

 その訓練は、アメリカ海軍の汎用揚陸艇(LCU)を用いてJLTVという最新装甲車や、「ハンヴィー」などの汎用車両などを揚陸させるというものだったのですが、ここで数両が柔らかい海砂にタイヤを取られスタックしてしまったのです。

 ただ実はこの海岸、過去には自衛隊も車両をスタックさせたことがある厄介な場所でもあります。

テーマ特集「ロシア軍のウクライナ侵攻 最新情勢 戦争はどうなっているのか」へ

【泥にはまってる!】ウクライナ領内に遺棄されたロシア軍戦車ほか

最新記事

コメント