伊豆急行 3000系「アロハ電車」撮影会開催 鉄道利用者限定の無料企画

午後はヘッドマークも取り付けます!

午前と午後で車両配置を変更

 伊豆急行は2022年3月22日(火)、JR東日本より導入のうえ改造を施した3000系「アロハ電車」の撮影会を2022年4月3日(日)に伊豆高原駅構内(伊豆急行ERセンター隣接)で実施すると発表しました。

 撮影会は午前と午後で趣向を変えて実施します。午前の部は3000系の編成写真が撮影できるように車両を配置。午前9時30分から11時30分まで、1回30分ごとに計4回実施します。各回最大75人まで入場可能で、伊豆高原駅改札で午前8時から11時まで受付を行います。

Large 220322 3000 01
伊豆急行3000系「アロハ電車」のイメージ(画像:伊豆急行)。

 撮影車両は3000系Y1編成。伊豆急下田方から遠目で撮影、自由撮影、伊東方に移動して撮影となります。3000系Y2編成は車内と運転台見学を実施しますが、運転台見学は有料(1組500円)です。伊豆急行ERセンター会場で事前受付を行います。

 午後の部は3000系Y1編成とY2編成を横に並べた状態で実施。3000系には撮影用に製作したヘッドマークを伊豆急下田方に取り付けます。時間は13時から15時までで、午前の部と同様に1回30分ごとの計4回実施。各回最大75人まで入場が可能です。受付は伊豆高原駅改札で午前11時30分から14時30分まで行います。

 なお、午前の部、午後の部とも8000系を留置し、車内には伊豆急オモシロ駅長の企画コーナーを解説するほか、正午から12時30分までは伊豆急行ERセンターの会場で伊豆急オモシロ駅長でアナウンサーの小林佳果さんをMCに据えた3000系導入のトークショーの開催を予定しています。

 この伊豆急行3000系撮影会は鉄道利用者を対象としたもので、参加費は無料です。ただし、受付時に当日有効の乗車券類または伊豆高原駅入場券の提示が必要です。また、午前と午後の両方に参加を希望する場合は、午後の受付も別途必要となります。

【了】

【写真】貴重な姿に! ラッピングなしの3000系

最新記事

コメント