核兵器の使用は違法や否や? 国際司法裁判所もキレが悪い極限状況での選択

いまだ核兵器保有の全面禁止は実現できていませんが、そもそもその使用や、それによる威嚇などは国際法上、違法ではないのでしょうか。人類がどのように核兵器と向き合ってきたか振り返りつつ、ロシアがおかれた状況を見ていきます。

極超音速ミサイル「キンジャール」 注目点は速度のみにあらず

 2022年3月19日(土)、ロシア国防省は空中発射型弾道ミサイルのkh-47M2「キンジャール」を使用して、ウクライナ西部に位置するイワノフランキフスク市郊外にあるウクライナ軍の弾薬貯蔵施設を破壊したと発表しました。

Large 220330 ncb 01

拡大画像

機体中央下に懸架されているのが極超音速ミサイル「キンジャール」。ロシア国防省公開映像より(画像:ロシア国防省)。

 このキンジャールに関しては、マッハ10に達するとされるその飛翔速度について特に注目を集めましたが、もうひとつの注目点として、このキンジャールの弾頭は通常弾頭のみならず核弾頭を装備することも可能という点が挙げられます。

 ウクライナ侵攻をめぐっては、ロシア側はいざとなれば核兵器の使用も辞さない構えを崩していません。たとえば、3月22日(火)に放送されたアメリカのCNNによるインタビューでは、ロシア大統領府のぺスコフ報道官が、ロシアの国家存亡の危機に際しては核兵器の使用は排除されないと述べたほか、専門家の分析として、ロシアがウクライナでの戦況を好転させるために、比較的低威力の戦術核兵器を使用する可能性もあるという見方もあります。

 今回のキンジャール発射も、そうした核兵器の使用をちらつかせる手段のひとつであった可能性は否めません。

テーマ特集「ロシア軍のウクライナ侵攻 最新情勢 戦争はどうなっているのか」へ

戦術核兵器を懸架するF-15E「ストライクイーグル」

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 核兵器を使用して勝利すれば正義、敗北すれば悪
    ただこれだけの事かと思いますよ

    • 現代のアメリカ人はそんな事言わなくなったんですよ。昔の人の考えですよ。