西武新宿線は西東京まで大部分立体化へ 22年度投資計画 40000系増備も

新宿線“大変貌計画”がさらに進みます。

投資計画最優先は安全対策

 西武鉄道は2022年5月12日(木)、今年度の鉄道事業投資計画について発表しました。

Large 220512 seibu 01
西武40000系電車。2022年度増備する(画像:西武鉄道)。

 重点は安全対策の投資です。踏切内を面的にセンシングする新たな踏切支障検知装置を設置するほか、山岳区間の法面改良などを実施します。

 大きく変わりつつあるのが新宿線です。連続立体交差事業中の中井~野方間、東村山駅付近に加え、新たに井荻~西武柳沢間、野方~井荻間の事業着手へ向け準備を進めていきます。これにより、東京都区内から西東京市内までは大部分で立体交差化のめどが立つことになります。

 さらに、「次世代新宿線に向けた改良」として、西武新宿駅とJR新宿駅方面をつなぐ新しい地下通路の整備計画も進めていくということです。

 このほか、池袋駅と豊島園駅についても、としまえん跡地につくられるテーマパークに合わせてリニューアルを推進。車両については最新の40000系電車を3編成30両増備するといいます。

 なお、「鉄道駅バリアフリー料金制度を活用しバリアフリー設備の整備を加速します」とも発表しており、運賃値上げが想定されます。料金の詳細などは明らかにされていませんが、2023年春の収受開始を目指すということです。

【了】

【めちゃくちゃ変わる!】新宿線の立体交差化区間を画像で見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント