古の「房総西線」を再現! DE10形+12系の客車列車、千葉発着で内房線を1往復

館山駅の電留線まで入線します。

内房線の走行は14年ぶり

Large 220511 santet 01
DE10形ディーゼル機関車と12系客車のイメージ(画像:JR東日本 千葉支社)。

 JR東日本 千葉支社が2022年6月11日(土)、内房線で客車列車を運行します。「あの時代をもう一度 房総西線客車列車の旅」と題し、蘇我~姉ケ崎駅間の開業110周年を記念して実施するものです。房総西線とは、戦前から1972(昭和47)年までの内房線の呼称です。

 列車はDE10形ディーゼル機関車と12系客車、運行区間は千葉~館山駅電留線間です。下りと上りの2コースが設定されます。なお下りコースでは帰路となる館山~千葉間で、上りコースでは往路となる千葉~館山間で、それぞれ特急「新宿さざなみ」の指定席を利用します。運行時刻は以下の通りです。

【下りコース】
10:08千葉→(客車列車)→14:45館山駅電留線(撮影会)→16:02館山→(新宿さざなみ)→17:22千葉

【上りコース】
8:39千葉→(新宿さざなみ)→10:06館山→15:15館山駅電留線(撮影会)→(客車列車)→19:57千葉

 募集人員は両コースとも、スタンダードプラン88人、プレミアムプラン42人(大人のみ)。弁当がつき、旅行代金はスタンダードプランが1人2万3000円(子ども2万円)、プレミアムプランが1人3万3000円です。プレミアムプランでは、ボックスシートを1人で占有できます。

 販売は2022年5月16日(月)13時から、JR 東日本びゅうツーリズム&セールスのウェブサイトで受け付けます。参加者には、台紙付き記念乗車証セットが贈呈されます。

【了】

【写真】12系客車の車内を見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント