「パイロットの原点」どんな場所? 帯広・航空大学校へ行ったら訓練機のスペックがスゴすぎた!

国内唯一の国立パイロット養成機関、航空大学校の帯広分校は、JALのパイロットによると、「原点」といえるような場所なのだそうです。どのようなところで、どのような飛行機を使っているのでしょうか。

JALのパイロット考案のチャーター企画で

 航空会社でパイロットになるにはいくつか方法がありますが、そのなかでメジャーな手段のひとつが、国が設立した唯一の公的エアライン・パイロット養成機関「航空大学校」に進学するというものです。この「パイロットの原点」は、どのようなところなのでしょうか。

 JAL(日本航空)のパイロットが「本気で企画した」という日帰りチャーターフライト「帯広空港でボーイング737を満喫 日帰りチャーター」が2022年6月11日に実施。その一環で、同校の帯広分校の格納庫に行くことができました。

Large 01

拡大画像

JALの日帰りツアーで見学が実施された航空大学校帯広分校(2022年6月11日、乗りものニュース編集部撮影)。

 航空大学校に入学した学生は、まずは本校のある宮崎で座学を積んだのち、帯広へ移り、ここで半年ほど実機の訓練を積むといいます。ここでの訓練後半には、学生が初めて教官が同乗しない「ソロフライト」も実施するのだそうです。

 訓練に使用される飛行機は、シーラス社の2人乗り、単発プロペラ機「SR22」。巡航速度は最大で時速378km、高度1万7500ft(約5335m)といったスペックです。ただこの「SR22」、訓練機としてさまざまな機能を持っているとのことです。

【写真】「本気」はマジだった…! JALの日帰りチャーターがいろいろスゴかった(20枚)

最新記事

コメント