なんとプロペラ“8発” 驚愕形状の「新型電動旅客機」案 なぜその形に? 蘭で開発本格化か

オランダのスタートアップ企業、「メーブ・アエロスペース」が左右4発ずつ、計8発のプロペラを用いて推進する44人乗りの新型電動旅客機案「メイブ01」の開発を進めています。なぜそのようなレイアウトをとるのでしょうか。

左右4発ずつ、計8発のプロペラ

 オランダのスタートアップ企業、「メーブ・アエロスペース(Maeve Aerospace)」が44人乗りの新型電動旅客機案「メイブ01」の開発を本格化させています。同機は、左右4発ずつ、計8発のプロペラを用いて推進することをはじめ、現代の旅客機とは一線を画した設計を特徴とします。

Large 01
「メーブ・アエロスペース」の新型旅客機案「メイブ01」のイメージ(画像:Maeve Aerospace)。

「メイブ01」は全長28m、全幅36mとされ、ペイロード(搭載可能な重量)は5t弱(4.96t)。時速264ノット(約489km)で巡航でき、航続距離は550kmとのことです。電動航空機や「空飛ぶクルマ」で多いVTOL(垂直離着陸)機能は装備せず、通常の旅客機同様、滑走路を用いて離着陸するスタイルを採用。必要な滑走路長は1500mとしています。

 機体は内蔵の大型バッテリーにより稼働する完全電動となっており、35分以内で充電完了できる急速充電システムを備えます。このことにより二酸化炭素排出を完全カットできるほか、「1席あたりの運用コストを大きく削減できる」とコメントしています。

【画像】なんだコイツ!? 「メイブ01」の全貌&諸元を見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント