「オールロングシート」の日暮里・舎人ライナー新型、運行開始へ 今後2年で計60両導入

クロスシート率が減っていきます。

車内液晶モニター設置も

Large 220127 melody 001

拡大画像

新型330形3次車(画像:東京都交通局)。

 日暮里・舎人ライナーの新型車両の1編成目が、2022年6月25日(土)に運行開始します。

 新型車両は330形(3次車)。全座席がロングシート化され、またセキュリティ強化を図るため、全車両に防犯カメラが設置されます。本2022年度から2024年度にかけて12編成(60両)が導入され、これにより全編成の8割がオールロングシートとなります。定員は、現行の一部クロスシート車両に比べ、1両あたり17人増加。東京都交通局は、輸送力を増強するとしています。

 ほかにも全車両にフリースペースを設け、その合計は現行の2か所から6か所に。また1両に2か所、車内液晶モニターが設置されます。

【了】

【写真】新型330形(3次車)の車内

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 関係者しかわからない理由があるなどなら申し訳ないが、正直、理解不能である。
    わずか15年も走っていないステンレス車両をすべて置き換えとは…SDGs、持続可能、環境にやさしいというなら、今あるものを大事に使うこともその一つである。
    「今あるものは全部捨てて買い替え、こんなにエコな新車になりました!SDGs!」ってなるだろうか?
    混雑緩和のためのロングシート化、防犯カメラ設置などなら、通常は修繕更新を考えるものである。
    都営は以前、10年程度で廃車した新宿線の10-300Rの例もあった。
    ただこの、舎人ライナー車両は西武鉄道に譲渡し、レオライナー8500系を置き換えるという噂(あくまで噂)もあるようだが…