巨大アンテナ? いえ“帆”です 三菱商事の貨物船に後付け 見直される船の風力推進

かつて動力船の登場で取って代わられた風力推進が見直されています。三菱商事が“帆”の現代版である「硬翼帆」を取り付けた船の運用を始めるほか、風力を活かしてCO2の削減につなげる取り組みが進んでいます。ただ、どれも巨大です。

三菱商事の貨物船に後付けされる「硬翼帆」とは

 海上物流のGHG(温室効果ガス)削減に向け、三菱商事の貨物船に次世代型の「帆」を搭載することが決まりました。

Large 220623 wind 01

拡大画像

三菱商事のバルカー「Pyxis Ocean」にウインド・ウイングスを搭載したイメージ(画像:ヤラ・マリン・テクノロジーズ)。

 ノルウェーの肥料大手ヤラ・インターナショナル子会社のヤラ・マリン・テクノロジーズは2022年6月21日、両社が開発した翼帆型の風力推進装置「ウインド・ウイングス」を設置する初の船舶が、三菱商事の保有する8万重量トン型ばら積み船(バルカー)「Pyxis Ocean」になったと発表しました。

 ウインド・ウイングスは「硬翼帆」と呼ばれるもので、高さは45m。これを2基、甲板上に搭載した「Pyxis Ocean」は、2023年初頭から穀物メジャーの米カーギル向けの輸送に投入されます。風力推進と航路の最適化を組み合わせることで、バルカーやタンカーなどの大型船舶の燃料消費量を最大で30%削減する効果を見込んでいます。

船舶のCO2排出量は“一国ぶん” 脱炭素急ぐ

 船齢5年の「Pyxis Ocean」に硬翼帆が設置される背景には、国際海運におけるGHG排出削減が急務となっていることが上げられます。

 貿易の90%を支えている国際海運は年間約8億トンものCO2を排出しています。世界全体で占める割合は約2.2%と、ドイツ1国分の排出量に匹敵。IMO(国際海事機関)では2050年までにGHG総排出量を2008年比で50%以上削減することを掲げた「GHG削減戦略」を2018年4月に採択しており、船会社や造船所は、省エネ効率を高めた環境に優しい船舶や、水素やアンモニアといったカーボンフリー燃料エンジンの開発を進めています。

 しかし、既存のディーゼルエンジンを搭載した船齢9年までの船舶は、世界のバルカーの55%、海上の全船舶の51%を占めており、海事業界ではクリーンエネルギーの研究開発だけでなく、既存の船舶を脱炭素化できる技術の確立が求められています。こうした背景から、後付けして排出CO2を削減できる今回のウインド・ウイングスが開発されたのです。

【でけぇ!】「硬翼帆」「円筒帆」搭載船を画像で見る “全部のせ”も!?

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. バブル直前の頃にあったけど結局はうまく行ってない。