トランプ前大統領の“置き土産”なくなるか? 新型「エアフォースワン」デザイン変更へ

アメリカ大統領専用機、通称「エアフォースワン」のデザインが元に戻るかもしれません。新モデルはトランプ前大統領時代に調達が決まり、大胆な塗装が施される予定でしたが取り止めに。その理由を見てみます。

再び覆ったVC-25Bのカラーリング

 次期「エアフォースワン」として採用が決まっているVC-25Bの塗装が、現行のVC-25Aと同じ水色と白を基調としたデザインになるかもしれません。複数のアメリカメディアは2022年6月、トランプ前大統領が提案していたエアフォースワンのデザイン案をバイデン大統領が破棄したことを報じました。

 アメリカ空軍は、コールサイン「エアフォースワン」で知られる大統領専用機を、ボーイング747-200Bをベースにした現行型「VC-25A」から、ボーイング747-8をベースにした新型「VC-25B」へ置き換えるべく、2018年にボーイングと39億ドル(約5300億円)で契約を結びました。

 なお、これは新造ではなく、元々はトランスアエロ航空向けに製造した機体とのこと。同社の破綻に伴って引き渡されずに保管されていた2機の747-8を改修する、いわば中古機流用の形を採っています。

 この契約の際、当時のトランプ大統領は塗色を変更するとしていました。

Large 220623 vc25b 01

拡大画像

従来のVC-25Aと同じデザイン、カラーリングをまとったVC-25B「エアフォースワン」のイメージCG(画像:ボーイング)。

 現在の「エアフォースワン」の塗装は、ケネディ大統領の任期中にデビューしたVC-137C(ベース機はボーイング707)で初めて採用されたもので、工業デザイナーとして知られるレイモンド・ローウィがデザインを手掛けたそう。その後、約60年にわたって使用され続けた伝統あるカラーリングは、アメリカ大統領専用機「エアフォースワン」のイメージを決定づけたといえるでしょう。

 そのようななかで、トランプ前大統領は新型の「エアフォースワン」について伝統カラーを変更し、アメリカ国旗と同じ白、赤、青で彩られたデザインにすることを明言していました。

【何がダメ?】トランプ氏が提案した“星条旗カラー”エアフォースワン 画像で見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. トランプ案が覆ってよかった。
    やはりエアフォースワンは今まで通りの配色の方がいい。