40年もなぜ使われる? もう1つの米大統領専用機VH-3D「マリーンワン」来日は最後か

アメリカ大統領の専用機は「エアフォースワン」のほかにもあります。それがヘリコプターの「マリーンワン」。その名のとおりアメリカ海兵隊が運用していますが、もうすぐ新型に交代する予定だそうです。

横田基地と赤坂を往復していた“老兵”

 2022年5月24日に東京で開かれた日米豪印4か国(クアッド)首脳会議に合わせ、羽田空港や在日米空軍横田基地には要人を乗せた特別機が続々と飛来しました。なかでもアメリカのバイデン大統領を乗せ、「日米友好祭」真っ最中の横田基地に着陸した大統領専用機VC-25A「エアフォースワン」は話題を呼び、SNSやメディアで大きく取り上げられました。

Large 220527 marine1 01

拡大画像

2022年5月22日、横田基地で確認された大統領専用ヘリのVH-3D。大統領が乗っているときのコールサインは「マリーンワン」(深水千翔撮影)。

 実はこの時、もう1つの大統領専用機が横田基地でバイデン大統領の到着を待っていました。コールサインは「マリーンワン」。機体は、アメリカ海兵隊の第1海兵ヘリコプター飛行隊に所属するヘリコプター、VH-3D「シーキング」です。

 このVH-3Dは近いうちに新型の「SH-92A」に置き換わることが決まっており、「マリーンワン」として日本で飛行するのはこれが最後となった可能性があります。

「マリーンワン」とは、アメリカの大統領を乗せた海兵隊機のコールサインです。アメリカ大統領はホワイトハウスから、最も近い空軍飛行場であるアンドルーズ空軍基地へ向かうときなど、短い距離を移動する際は専用のヘリコプターを使用します。外遊時には事前にアメリカ本国から現地へと輸送され、大統領専用車「ビースト」などと共に大統領の移動を助けます。

【横田基地にキター!!】大統領専用機「エアフォースワン」と並ぶ「マリーンワン」ほか

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント