"空飛ぶウミガメ"完全復活!! ANA巨大機「A380」28か月ぶり定期便本復帰 社長「ファンの想い繋がった」

ついにこの日がやってきました!やっぱでかい!

2020年3月から運用外れ

 ANA(全日空)が保有する超巨大旅客機、エアバスA380「FLYING HONU(フライングホヌ。“空飛ぶウミガメ”を意味する)」が2022年7月1日より、2年4か月ぶりに旅客便へ定常投入されます。その復帰初便が1日の20時30分ごろ、成田空港を出発しました。

Large 13

拡大画像

成田空港を出発するANAのA380「フライング・ホヌ」(2022年7月1日、乗りものニュース編集部撮影)。

 ANAのA380は、2019年に成田~ホノルル線の専用機として導入。現在は3機体制で、それぞれ異なったデザインとトレードカラーをもつ「ウミガメ(ホヌ)」の特別塗装が施されています。座席はファースト、ビジネス、プレミアムエコノミー、エコノミーの4クラスで計520席を配します。

 ただ、新型コロナウイルス感染拡大による需要減退の影響によって、同型機は2020年3月に定期便運用から外れ、その間は成田空港で羽を休めながらも、不定期で地上イベントや遊覧チャーターなどに活用されてきました。

 ANAは今回のA380の運航再開を5月に発表。これは、成田~ホノルル線の復便にともなったもので、当面のあいだは金、土曜の週2往復で運航されます。またこの日から、羽田~ホノルル線も週5往復へ増便され、成田~ホノルル線とあわせると、東京~ホノルル線は毎日運航となります。このほか、ANAではA380復活発表のタイミングで、ハワイに関する特設サイトを開設するなどし、コロナ禍による渡航制限が緩和されたことで、大きく機運が高まるハワイ旅行の需要取り込みを狙います。

【写真】やっぱりお祭りだ! 成田を出発するA380、圧巻の様子など

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント