ANA大型貨物機「777F」の“愛称”のナゾ 名付け親が初告白! “青い鳥”だけじゃない納得の理由

ANAの大型貨物専用機、ボーイング777Fには「ブルージェイ」という愛称が与えられています。今回ロサンゼルスでその名付け親に直撃。「初めて話す」という、命名の裏側を聞いていました。

“北米”に生息する鳥、でも誕生はロス?

 ANA(全日空)では、2019年から大型貨物専用機「ボーイング777F」の運航を開始しています。現在777Fは2機体制で、ともに社員公募で選ばれた愛称「BLUE JAY(ブルージェイ)」が与えられており、機体後部左側に「青い鳥のマーク」が入っています。「ブルージェイ」の日本名は「アオカケス」。“北米”に生息する”青い”羽を持つ鳥だそうです。

「名前をつけた理由を詳しく話すのは、たぶん初めてだと思います」。現在777Fの重要な就航地のひとつである、アメリカ・ロサンゼルス。ここに、ANAの777Fに「ブルージェイ」の“名付け親”がいます。米州室貨物担当のMO CHAOさんです。

Large 01

拡大画像

離陸するANAのボーイング777F「BLUE JAY」。この撮影時はロサンゼルスに向かった(乗りものニュース編集部撮影。

 ANAグループの公式サイトには、「ブルージェイ」が名付けられた理由について、次のように記されています。

「北米に生息するとても美しい青い羽根を持つ鳥。ブルージェイの特徴は、賢く勤勉かつ何事にも粘り強い所。ANA Cargoもボーイング777型フレイター機導入にあたり、この"BLUE JAY"に倣(なら)って、何事にも勤勉に、粘り強く取り組んでいきたいという思いから命名」

 ただ、CHAOさんが語る理由は、これよりももっとストーリーに満ちたものでした。

「3~4年前にロサンゼルスの外れでハイキングをしていたら、青い鳥が鳴きながら私についてきたんです。実のところ私も鳥には詳しくなく、友人などに聞いたらそれは『ブルージェイ』じゃないかと言われまして。それで、その数か月後に同じところにいったところ、また同じ種類の鳥がいて、食べ物を手に持ってみると、飛んできてその食べ物を持っていくんです。そのとき、この鳥がある動きをすることに気づいたんです」

 この“ある動き”こそ、同氏が777Fに「ブルージェイ」の名前をつけた大きな要因でした。

【座席あるの!!??】徹底解剖! ANA「777F」の機内へ潜入(27枚)

最新記事

コメント