青春18きっぷ旅の難関「津軽海峡」 “オプション券で新幹線”の使い勝手 フェリーが現実的?

青春18きっぷの旅で最大の関門ともいえるのが、本州~北海道の移動です。海峡部が“在来線”ではなくなってしまったため、「オプション券」を別途購入して新幹線を利用すべきか、それともフェリーを使うか、比較してみました

「オプション券」併用で新幹線、三セクも利用できる

 JR全線の普通・快速列車が5回(5人)まで乗り放題の「青春18きっぷ」。値段は1万2050円なので、1回(1人)あたり2410円とあって、“最強”のおトクきっぷとして人気です。

 夏の観光シーズンには、18きっぷを使って本州から北海道を目指す旅行者も少なくありませんが、津軽海峡の海底を貫く青函トンネルが“関門”となります。というのも、2016(平成28)年の北海道新幹線開業に伴い、このトンネル区間は新幹線と貨物列車の専用線(一部列車をのぞく)となり、在来線の運行がなくなりました。さらに北海道へ上陸しても、その先の木古内~五稜郭間は新幹線開業でJRから第三セクターの「道南いさりび鉄道」に移管されています。

Large 220722 seikan 01

拡大画像

青函トンネルを出る北海道新幹線の列車(画像:photolibrary)。

 ゆえに、18きっぷだけでは北海道へ上陸できなくなっているのですが、18きっぷユーザー向けの救済商品として、「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」が用意されています。

 オプション券の名が示す通り、このきっぷは18きっぷとの併用する場合に限って使えるものです。北海道新幹線の奥津軽いまべつ~木古内間と、道南いさりび鉄道の木古内~五稜郭間が利用できるようになります。1枚で片道1回のみ利用でき、料金は大人・子ども同額の2490円。北海道新幹線の奥津軽いまべつ駅はJR津軽線の津軽二股駅と隣接しており、津軽線(青森~津軽二股)、新幹線、道南いさりび鉄道、函館本線(五稜郭~函館)を乗り継げば、青森~函館間を移動できます。

 北海道新幹線の乗車時には、普通車の空席が利用可。注意したいのが有効エリア外にまたがって乗車した場合で、このときは乗車した全区間の乗車券と特急券が必要です。たとえば、奥津軽いまべつ駅から乗車して木古内駅を過ぎ、次の新函館北斗駅まで利用すると、エリア外にあたる木古内~新函館北斗間の運賃、特急料金の乗り越し精算ではなく、奥津軽いまべつからの運賃、特急料金を支払わなくてはいけません。また、道南いさりび鉄道の木古内~五稜郭間は通過利用のみが許されており、途中駅で下車したら乗車区間の乗車券が必要となります。

テーマ特集「【2022年】青春18きっぷの便利な使い方! 値段 買い方 期間 特例ルールも紹介」へ

【複雑になった】青森~函館の路線図ほか 画像で見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 新幹線でワープするならえきねっとトクだ値の利用が有効でしょう。新青森~新函館北斗で6010円です。
    または、北海道&東日本パスを使う手もあります。新青森に至るまでのいわて銀河鉄道・青い森鉄道も乗れますし、特定特急券4000円を払うだけで北海道新幹線に乗れます。また、その先札幌方面との往来なら、北海道線特急オプション券6110円を買えば、北海道新幹線に加えて、北海道内の特急自由席も乗れるというのもメリットです。