阪急・阪神ともに「バリアフリー化値上げ」決定 全駅にホーム柵設置へ

中津駅や阪急春日野道駅にもついにホーム柵が!

国の新運賃制度に基づく上乗せ

Large 220803 osaka 01
阪急の電車(画像:photolibrary)。

 阪急阪神ホールディングは2022年8月3日(水)、阪急電鉄と阪神電車の全駅でホーム柵を設置するなどバリアフリー設備の整備をすすめるとともに、運賃を値上げする方針を発表しました。値上げ開始は2023年4月1日を予定しています。

 これは2021年12月に国土交通省が策定した「鉄道駅バリアフリー料金制度」を活用し、バリアフリー化にともなう諸費用を運賃に上乗せするものです。

 この料金制度のスタートにより、「改定認可」ではなく「届出」だけで上乗せ運賃を施行することが可能となります。すでに複数の鉄道事業者がこの制度を用いて、国土交通省あて運賃変更の届出を行っています。

 阪急では現状、十三駅3~5号線と神戸三宮駅で可動式ホーム柵が設置済み。これを2040年度末ごろまでに全駅に拡大します。狭小ホームで知られる中津駅や春日野道駅にも同様にホーム柵が設置予定です。

 阪神では大阪梅田駅1番線と神戸三宮駅で整備済み。2042年度までに全駅へ拡大します。

 値上げ額は、両社とも普通運賃は10円の予定。これに合わせ、定期代も最大2060円の増額となります(通勤6か月の例)。

 運賃加算を行う期間は、申請段階でひとまず2035年度まで。ただし、それ以降も継続の方針が示されています。

【了】

【図表】阪急・阪神の「値上げ幅」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント