JR室蘭本線に新型737系導入 北海道初「通勤形ワンマン電車」 23年春運行開始

キハ143形などを置き換えます。

Large h01

拡大画像

新型車両737系電車(画像:JR北海道)。

 JR北海道が翌2023年春、新型車両737系電車を導入します。

 運用線区は室蘭本線の苫小牧~室蘭間。順次13編成26両が製造され、老朽化したキハ143形ディーゼルカーなどを置き換える予定です。

 737系は通勤形の交流電車でワンマン運転に対応。「通勤形ワンマン電車」は同社初となります。最高速度は120km/h、座席はオールロングシート、最大6両まで併結できます。

 外観は、地域の移動手段として通学や通勤で日常的に利用されることを鑑み、優しさが感じられ、親しみやすく明るく若々しい「さくらいろ」をイメージ。前面部は黒色をベースとし、視認性向上を目的にコーポレートカラーのライトグリーンと警戒色の黄色を入れたデザインです。

 内装は外観と同様、優しさが感じられるデザインに。乗降ドアは淡いピンク色、座席は北海道内に咲く色とりどりの花をイメージし、ドットをちりばめたデザインとなっています。

 車内には、車椅子スペースや大型トイレを設置。低床化も図るなど、バリアフリーに対応しています。

【了】

【ドアは淡いピンク色】737系の車内を見る

最新記事

コメント