エリザベス女王の棺を「砲車」に載せ海軍が運ぶ…なぜ? 「ロイヤル」名乗れぬ陸軍の“序列”

2022年9月19日、厳粛な雰囲気のなか行われた故エリザベス女王の葬儀。彼女の棺を運んだのは、多数の海軍兵士が引く砲車でした。砲車が使われた意味と、葬儀に大いに関係していたイギリス軍内での陸海空の序列について見てみます。

70年前にも使われた歴史と伝統の砲車

 2022年9月8日にスコットランドのバルモラル城で亡くなられたイギリス女王、故エリザベス2世の国葬が、9月19日、厳かに行われました。

 その様子はテレビや新聞の報道などで大きく取り上げられ、インターネット動画などでは中継映像も流されました。その際、葬儀で重要な役割をはたした「乗り物」と、その周りを固めていたイギリスの陸海空軍について見てみましょう。

Large 220922 qe 01

拡大画像

2022年9月19日、故エリザベス2世の棺を乗せた砲車とともにロンドン市内を進むイギリス海軍兵士たち(画像:イギリス海軍)。

 葬儀の当日、女王の棺をウエストミンスター宮殿からウエストミンスター寺院に運ぶにあたり用いられたのは、海軍の砲車でした。砲車とは大砲を移動・運搬するために用いる台車で、砲架台に2輪、あるいは4輪の車輪を取り付けたものです。

 では、なぜ砲車に棺を乗せるのか。それは砲車が歴史と伝統に則ったものだからです。この砲車は1952(昭和27)年に執り行われたエリザベス2世の父ジョージ6世の葬儀に用いられたものです。

 その後、北アイルランドで活動していた過激派組織IRA(アイルランド共和軍)暫定派のテロ活動によって、1979(昭和54)年に暗殺されたマウントバッテン卿の葬儀でも用いられています。マウントバッテン卿は、エリザベス2世の王配(夫)であるフィリップ殿下の叔父にあたる存在の人物で、イギリス王室とも親戚関係にありました。今回はそれ以来の使用となるそうです。

 ただ、陸戦で用いる大砲を運ぶもののため、陸軍が運びそうに思いますが、砲車を引いていたのは海軍兵士たちでした。陸上なのになぜ海軍が引いていたか、それにはイギリス軍の中における序列が関係していました。

【砲身ちゃんと備えています】ジョージ6世やマウントバッテン卿も運んだ砲車のアップほか

最新記事

コメント