西九州新幹線、開業後3日間の利用状況は? 最多利用は下り「かもめ1号」

コロナ禍前の特急利用を上回りました!

JR九州「おおむね順調」

Large 01

拡大画像

西九州新幹線(画像:写真AC)。

 JR九州が2022年9月26日(月)、3日前に開業したばかりの西九州新幹線について、その利用状況を公表しました。同社は3日間の新幹線利用について「おおむね順調」としています。詳細は以下の通りです。

【9月23日(金・祝)】
下り:6700人(2021年:1300人、2018年:3400人)
上り:7600人(2021年:1300人、2018年:3600人)

【9月24日(土)】
下り:4200人(2021年:1000人、2018年:4100人)
上り:4800人(2021年:1100人、2018年:4300人)

【9月25日(日)】
下り:4300人(2021年:1300人、2018年:3900人)
上り:4600人(2021年:1300人、2018年:3700人)

※2021年と2018年は、諫早~長崎間の特急「かもめ」の利用実績
※2021年は9月24日(金)~26日(日)、2018年は9月21日(金)~23日(日)

 なお、下り・上り列車それぞれにおいて、3日間で最も利用が多かった列車は以下の通りです。

【下り】
9月23日「かもめ1号」武雄温泉7:03→長崎:483人(自由席の乗車率:139%)

【上り】
9月23日「かもめ2号」長崎6:17→武雄温泉:415人(自由席の乗車率:112%)

【了】

【武雄温泉だけじゃない!】新⇔在対面乗り換え駅はほかにも

最新記事

コメント