「ななつ星 in 九州」10年目に一新! 「正直、いじりたくなかった」… 客室減らして“茶室”爆誕!?

運行開始から10年目を迎えるJR九州の豪華クルーズトレイン「ななつ星 in 九州」がリニューアル。客室数や定員を減らした一方で、「茶室」が車内にしつらえられるなど、中身は豪華になっています。どのような旅が始まるのでしょうか。

新たに茶室、サロン、バーを設置

 JR九州の「ななつ星 in 九州」は、2013(平成25)年10月15日に運行開始した豪華クルーズトレインです。本2022年で10年目を迎えるにあたり、一部がリニューアル。10月12日(水)、博多駅において報道公開されました。

Large 221013 nntbs 00

拡大画像

DF200-7000が牽引する「ななつ星 in 九州」は、10月15日から新たなコースで九州を巡る(2022年10月12日、皆越和也撮影)。

「ななつ星 in 九州」は2、3、4、6号車がリニューアルされ、部屋数は3号車が2室減、4号車と6号車が各1室減と、従来の14室から10室となり、定員も28名から20名となりました。

 大きくリニューアルされたのは2、3号車です。2号車は従来ダイニングカー「ジュピター」として利用されていましたが、このたびサロンカー「木星」とされ、長椅子を並べたサロン、そして1.5畳の茶室が設けられました。サロンでは乗客同士で会話が楽しめるほか車内アクティビティの場としても利用でき、ドリンクもセルフサービスで提供されます。茶室は、床は畳敷きであるものの、正座ではなく椅子を用いた立礼式(りゅうれいしき)を採用しています。

 3~6号車はゲストルーム「スイート」ですが、3号車についてはバリアフリーの301号室はそのままに、302、303号室をギャラリーShop「なな」とBAR「KAZBAR」にリノベーション。「なな」では選び抜かれた九州の伝統工芸品、現代の匠の作品、九州独自の食の名産品などが並びます。JR九州によると、「家に持ち帰っても日常生活で楽しめ、人にも贈りたくなるような『ななつ星』ならではのアイテム」だそう。

 一方「KAZBAR」はわずか4席のみ。「ななつ星 in 九州」スタート時からのクルーである数澤さんがバーテンダーとなり、“注文した人だけ”のオリジナルカクテルを出してくれるそうです。

【茶室が加わったぞ】リニューアルされた「ななつ星 in 九州」を見る

最新記事

コメント