EVバイクいよいよ普及か 日本初のバッテリー交換拠点ついに稼働 規制強化は目前に

バイクの「バッテリー交換ステーション」が都庁付近に登場しました。実証事業化したのは日本初です。電池が切れたら新しい電池に交換してすぐ出発できる、バッテリー交換式バイクは、EV化を後押しするのでしょうか。課題も山積みですが、環境規制強化も目前です。

東京都は2035年にガソリンバイクゼロへ

 2022年10月25日、東京都庁のある西新宿の公共駐車場に、日本で初めてバイクの「バッテリー交換ステーション」が実証事業として設置されました。バッテリー仕様を共通化して、乾電池のようにフル充電のバッテリーと交換し、すぐに出発が可能なシェアサービスです。バイクEV化のバックアップを担うショップの組合とも提携し、小池都知事が提唱するバイクの“東京目標”に向けて第一歩を踏み出しました。

Large 221025 gacha 01

拡大画像

ガチャコのバッテリー交換ステーションとホンダ「ジャイロキャノピーe:」(乗りものニュース編集部撮影)。

 バッテリー交換ステーションの第一号は、東京都道路保全公社が西新宿で運営する時間貸駐車場「西新宿第4駐車場」(西新宿2-4)で始動しています。

「CO2削減の世界的な流れの中で、日本のバイクは世界中で愛用されていて、人々の足になり、物流を担うという重要な役目がある」と語る小池百合子東京都知事。CO2を排出しない環境先進都市ゼロエミッション東京を実現するためには、バイクのEV化が欠かせないと、全国で先駆けて設置に踏み出しました。

 ホンダを中心とする国内4メーカーは、いわゆる原付バイクに相当する小型コミューターのEV化で、バッテリーの共通仕様(例えば外形約30×17×16cmなど)を決定。バイクのバッテリーを脱着式にして、ステーションでフル充電バッテリーと交換するシステムを考えました。

 バッテリー交換ステーションは、交換バッテリー12本が一度に充電可能。自動販売機ほどの大きさ(高さ1850×奥行700×幅1000mm)のステーションがガソリンスタンドのように各地へ設置されることで、ユーザーは車体だけを所有し、劣化するバッテリー本体と電力はシェアサービスで購入。充電時間実質ゼロで、航続距離を気にせずに乗り続けることができます。

「バイクに乗る人がいかに便利で、かつ走行時にCO2を出さないかをセットで進めていくことで、2030年カーボンハーフ、バイクは2035年までに非ガソリン化していこうという大きな目標を立てている」

 小池氏は、東京都の目標をこう説明し、自らEVバイクにまたがって見せました。

【実はバイクだけじゃない】交換バッテリーの使い方(写真)

最新記事

コメント