泉北高速鉄道に新型車両9300系登場 23年夏 既存の車両はカラー変更へ

南海8300系がベースです。

Large 01

拡大画像

泉北高速鉄道の新型通勤電車9300系(画像:泉北高速鉄道)。

 泉北高速鉄道は2022年11月11日(金)、新型通勤電車9300系を、翌2023年夏に運行開始すると発表しました。

 導入数は4両編成×2編成の計8両。同社線の中百舌鳥~和泉中央間と、南海高野線の難波~中百舌鳥間を走行します。9300系は、南海電鉄の8300系電車をベースとすることで投資額を抑制しながらも、外装・内装には泉北高速鉄道の開業以来ラインカラーとして定着している「ブルー」と「アイボリー」の2色を採用します。

 機能面では、エネルギー効率の高い機器や、全ての照明にLEDを採用することで消費電力を低減。サービス面では4か国語に対応した車内案内表示器の設置に加え、ベビーカーやキャリーバッグ利用客にも使いやすいよう多目的スペースが設けられます。

 なお9300系の導入にあわせ、既存の通勤車両(5000系、7000系、7020系)のラインカラーから「ライトブルー」を廃止。「ブルー」のみに順次変更することで、通勤車両のラインカラー統一を図るとしています。

【了】

【イメージ図】新型9300系の全貌&車内の様子

最新記事

コメント