「125ccバイクを50ccとして供給可能に」業界訴え 終焉近い日本独自の50cc 残す方法を模索

来るべき排ガス規制により、50ccバイクが生産困難に――危機感を抱えるバイクの業界団体が、その解決策として「排気量と定格出力」による車両区分の見直しを提案しています。これにより、125ccバイクを50ccとして供給できる可能性があります。

2025年の排ガス規制強化で、50ccバイクの新車供給が止まる可能性が…

 日本自動車工業会二輪車委員会(JAMA)と全国オートバイ協同組合連合会(AJ)は2022年11月9日、バイク車両区分を現行の「排気量と定格出力」から「最高出力」に改めることを、自民党オートバイ議員連盟に要望しました。まずは排気量50ccクラスで、2023年末をめどに具体化を目指します。

Large 221111 50cc 01

拡大画像

ホンダ「ダックス125」。かつて人気の小型レジャーバイクが、125ccで復活するケースが相次いでいる(画像:ホンダ)。

 背景には、国内排出ガス4次規制が2025年に50ccクラスへ適用され、新車供給が止まる可能性が強まったことがあります。

 日本自動車工業会二輪車委員会は「マフラー内部の排気ガスを浄化する“触媒”の特性から、炭化水素(HC)を中心に削減達成が困難」と、説明します。

 排気ガスの有害物質の除去は、マフラー内部にある触媒を通じて行いますが、4次規制に適応するためには、触媒を300度以上の高温にする必要があります。50ccクラスで適温にするには、エンジン始動後、約4分の時間が必要です。仮に、触媒が低温のまま発進すると、規制値(100mg)を超えるHCを排出させることになり、規制に適応するバイクを作ることができません。このため、規制が適用される2025年以降は、50ccバイクの生産自体が困難になる可能性があるのです。

 実は、4次規制は、2022年から50ccクラスを除くバイクで始まっています。排気量が大きなバイクは触媒を適温にする時間が短くて済むので、規制にも対応しやすいのです。例えば、125ccクラスのバイクは、約70秒でマフラー温度が適温に上昇します。

 当初は全車種で4次規制がスタートする予定だったものの、供給に懸念があることをAJが指摘し、50ccについては2025年まで対応のための時間的な猶予が設けられたのです。

 そこで浮上した対応策が、125ccクラスのバイクの性能を50ccクラスに制御して、4次規制をクリアする方法。それが「排気量と定格出力」から「最高出力」に車両区分を改めることです。

【もしかしたら原付免許で乗れるように?】125ccの主なラインアップ(画像)

最新記事

コメント

7件のコメント

  1. なんで世界の基準に合わせることを「排ガス規制」については推し進めるのに「免許制度」については及び腰なんだろうね。50ccと400ccに壁があるせいで新車のコストも抑えられず、消費が落ち込んでるのもわかっているだろうに。

    • 官僚や政治家は新たな規制や税制を作ることで高く評価されると聞いて、規制撤廃に及び腰なのは納得。
      いっその事、エンジンの原付きの販売を無くして電動車のみにするというのも新規参入を促す意味でありかも。

  2. 原付一種とか二種区別して、一種を絶滅種にさせるき。一種でも十分な性能あって、馬力も十分、でも側道制限で50を出すと速度違反。一種を最低50までOKなら、道路の流れになる沿って走行できる。
    一種が性能良かったが、いつ速度違反でと考え、理由の一つとしてバイク手放した

  3. リミッターかけたところでどうせ解除されるから無駄でしょ

  4. 安全性を考えれば、2輪の乗り物は二輪車運転免許を取得した者しか運転すべきでないと考えます。

    原付一種(50㏄未満)を必死に守る理由が分からないので、そこを記事にしてほしい。
    二段階右折や、30km/h規制など、理解し難い特有のルールは、非合理的で危険に感じます。

  5. もう原付無くした方がいいかも?
    車道には60キロの自動車が走っていますし
    側道に自転車も走ることになったので
    追い越す機会が増えて危険過ぎます。
    原付は二種以上にするしか無いと思います。

  6. ただの夢物語だな。
    125ccバイクが今までの50ccバイクと同額で買えるようになるなら問題はないが。メーカーがそんなことするわけがない。
    ただでさえ貧困化が進み贅沢品になっているのに、去勢バイクを割高価格で買う人間などいない。