上越新幹線は全列車E7系へ 最高速度275km/hで東京~新潟は最速1時間29分

E2系、上越新幹線からは引退へ。

Large 150721 twilight 01
北陸新幹線を走るE7系電車(画像:photolibrary)。

 2023年3月18日(土)、上越新幹線は全ての列車がE7系電車に統一され、同線からE2系は引退します。

 これに伴い、大宮~新潟間の最高速度を現行の240km/hから275km/hに向上。所要時間が最大7分短縮され、東京~新潟間は最速1時間29分で結ばれます。

 また、北陸新幹線の「かがやき」「はくたか」「あさま」の所要時間も最大2分短縮。東京~金沢間は最速2時間25分で結ばれます。

 E7系は計6編成が投入され、東京駅を発着する全ての「とき」「たにがわ」でグランクラスが利用できるようになります。

【了】

テーマ特集「【特集】大変化!?「2023年3月ダイヤ改正」鉄道各社の情報を一気にチェック!」へ

【時刻表】最速列車と所要時間を見る

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. > ...同線からE2系は引退します。
    >  これに伴い、大宮~新潟間の最高速度を現行の240km/hから275km/hに向上。

    E2も275km/hで走れるのでは? 「これに伴い」っておかしくない? 路線の騒音対策などの工事が完了した事に伴うのなら良く判る。E2よりE7が静かなのなら、その旨を記述して欲しい。