銚子の元丸ノ内線車両が引退 運転士2人が同時に運転する珍しい方法で

千葉県の銚子電鉄を走っている、東京の地下鉄丸ノ内線などで使われていた車両がまもなく引退。それにあたり記念列車が走るのですが、同じ列車に運転士が2人乗務し、同時に車両を操作するという珍しい方法で運転されます。

銚子を走る丸ノ内線カラーの電車

 太平洋へ突き出た千葉県の港町、銚子を走る銚子電鉄。「ぬれ煎餅」で知られる、全長わずか6.4kmの小さな鉄道会社です。

 銚子電鉄ではかつて東京の地下鉄銀座線、丸ノ内線を走っていた車両が現在も現役なのですが、2両あるそのうちの1両が2015年、引退することになりました。

古巣の丸ノ内線カラーになって銚子名産のキャベツ畑を行く元営団2000形、現銚子電鉄デハ1002(画像:銚子電鉄)。

 今回引退する車両は、1959(昭和34)年に営団地下鉄(当時)銀座線用の「2000形」として登場。都心の地下を走り続けたのち、1968(昭和43)年に丸ノ内線の方南町支線(中野坂上~方南町)へ移動。そして1994(平成6)年から、「デハ1002」として銚子電鉄を走り出した車両です。

 この現銚子電鉄デハ1002、元営団2000形は、銀座線の最新車両である1000系(2012年登場)、そして01系(1984年登場)の前に同線を走っていた車両です。また丸ノ内線方南町支線では、現在使われている02系(1988年登場)の前に同線を走っていた車両になります。

この記事の写真一覧

  • 20141216_choshi2
  • 20141216_choshi1
1 2 3

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 昔の電車や気動車(機械式気動車)は総括制御が出来なかったので、2両以上の連結運転の時は必ず運転手が夫々の車両に乗って、汽笛を合図に発車した。
    上手くいけば❝名人芸❞だが、気動車の場合、タイミングを誤るとエンストを起こす。
    1984年に廃止になった鹿児島交通枕崎線の気動車もそうだった。