寝台特急「カシオペア」運転再開へ 「ブルトレブーム」の顔との共演も実現

およそ2ヶ月のあいだ運転されていなかった寝台特急「カシオペア」が、まもなく復活します。それに向けた試運転が、「ブルトレブーム」の顔と共演する形で行われました。

「車検」終了後の試運転

 東京の上野と北海道の札幌駅を結ぶ豪華寝台特急「カシオペア」は、2014年10月1日の札幌発上野行きを最後に、運転が行われていません。埼玉県の大宮総合車両センターで、E26系と呼ばれるその客車について定期検査を、簡単に言えば「車検」を実施していたためです。

 それからおよそ2ヶ月が経過し、E26系客車の検査が終了。大宮総合車両センターから出てきたその車両が2014年12月11日、試運転を行いました。

「車検」終了後、EF65形1107号機を先頭に試運転を行う「カシオペア」用のE26系客車(2014年12月11日、恵 知仁撮影)。

 E26系客車のけん引には、寝台特急「カシオペア」として走るときのEF510形500番台ではなく、EF65形1000番台という機関車が使用されました。昭和50年代の「ブルートレインブーム」時、寝台特急の先頭に立っていた車両です。はからずもこの試運転で、かつてブルートレインを支えた機関車と現代の豪華寝台客車の共演が実現しました。

 寝台特急「カシオペア」が運行を再開するのは、12月18日(木)の上野発札幌行きからです。

この記事の写真一覧

  • 20141211_cassiopeia
1 2

関連記事

最新記事

コメント