子供たち乗せ特別列車「幻のホーム」へ 東京メトロ

きょとんとする丸ノ内線の人々

 東京メトロの「ラッピング車両デザインコンテスト」は、2014年10月1日から11月24日まで全国の小学生から作品の募集が行われ、912作品のうち34作品が受賞。うち2作品がグランプリ、4作品が準グランプリに選ばれました。

 このグランプリ2作品を両先頭車に、準グランプリ4作品を中間の4両にラッピングした1000系電車が1編成、3月1日から5月31日まで銀座線で運行されます。

Large 20150301 metro 02
列車発車前に中野車両基地で行われた記念撮影(2015年3月1日、恵 知仁撮影)。

 ちなみにこの珍しい列車が運転された当日はまず、中野車両基地で表彰式や記念撮影が行われ、東京メトロの奥社長や職員の方々が並んで見送るなか列車が発車。中野富士見町駅付近で丸ノ内線の方南町支線に進入して中野坂上、新宿と、丸ノ内線を銀座線のオレンジ色の列車が走っていきました。丸ノ内線内の途中駅では、この列車を見てきょとんとしている人が少なくなかったほか、指を差して驚いている人の姿もありました。

 そして銀座線と線路がつながっている赤坂見附駅に停車し、運転士が交代。銀座線に入り「幻のホーム」へ到着して終了、という流れでした。車内ではクイズ大会も行われ、「『地下鉄博物館』最寄駅は西葛西駅である。○か×か」という、ちょっと迷いを誘うような問題も。ちなみに正解は葛西駅なので、「×」です。

【了】

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道を中心に、飛行機や船といった「乗りもの」全般やその旅について、取材や記事制作、写真撮影、書籍執筆などを手がける。日本の鉄道はJR線、私鉄線ともすべて乗車済み(完乗)。2級小型船舶免許所持。鉄道ライター/乗りものライター。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント