新京成版nanacoカード発売 60周年記念で

新京成電鉄が60周年を記念し、オリジナルnanacoを1500枚限定で発売します。

4種類の車両をnanacoに

 新京成電鉄と、その構内で売店を運営するグループ会社のスタシオン・セルビスは2015年4月7日(火)、新京成全線の開業60年を記念して、新京成オリジナルデザインの「nanacoカード」を発売することを明らかにしました。「nanaco」はセブン&アイ・ホールディングスの電子マネーで、この新京成版「nanaco」も通常のものと同様に使うことができます。

 

「新京成オリジナルnanacoカード」のイメージ(画像:新京成)。

「新京成オリジナルnanacoカード」の販売は4月21日(火)の10時から、セブン-イレブン新京成ST新津田沼店とセブン-イレブン新京成ST元山店で行われます。限定1500枚、1人1枚まで購入可能で、売り切れ次第終了とのこと。発行手数料として300円(税込)が必要です。

 新京成とセブン-イレブン・ジャパンは2013年10月から業務提携を行っており、駅にセブン-イレブンの店舗が出店されています。

【了】

この記事の写真一覧

  • 20150407_shinkeisei_01

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 発行手数料にしたって、300ポイント分追加でしょ?実質タダみたいな気が…。かく言う小生も、新店舗オープンでnanacoカード作ったら300ポイント追加したことで、逆に発行手数料が必要無くて得したことですね。