ライバルは欧州車 新型トヨタ「オーリス」試乗、その武器は

「欧州で鍛えられたコンパクトハッチバック」であるトヨタ「オーリス」が、マイナーチェンジを実施。欧州車の人気が根強い日本のコンパクトハッチ市場で、欧州仕込みの「オーリス」はどう戦おうとしているのでしょうか。試乗してその力を確かめてきました。

激戦区の欧州で4位

 トヨタが欧州市場を主眼に据え、投入しているCセグメントのハッチバック「オーリス」。その欧州でのライバルはフォルクスワーゲン「ゴルフ」やプジョー「308」など、日本でも人気の高いモデルばかりです。しかし、そうした激戦区ながら欧州における「オーリス」の評価はなかなかのもので、2014年は欧州のCセグメントで売上4位を記録しています。

マイナーチェンジした「オーリス」。内外装についてトヨタは「よりエモーショナルに進化させた」という(2015年4月6日、大音安弘撮影)。

 そんな「欧州で鍛えられたコンパクトハッチバック」である「オーリス」が2015年4月、マイナーチェンジを実施しました。

 最大のトピックは、「ダウンサイジングターボエンジン」の採用です。最上級グレード「120T」に搭載された1.2L直噴ターボエンジンは、1.2Lという小排気量エンジンにターボチャージャーを装着。1.8Lクラスのパワーと1.5Lクラスの低燃費を狙ったもので、トヨタが開発、投入を進めている高効率・低燃費エンジン群のひとつです。

 ターボエンジンは「高性能モデル向けに高出力化を図ったもの」というイメージがあるかもしれませんが、「オーリス」が搭載するダウンサイジングターボエンジンは「実用性を高めるため」のもの。よって最高出力は116psとごく平均的です。しかしこのエンジンで注目すべきなのは、そこではありません。フラットなトルク特性です。185Nmという1.8Lクラスの最大トルクを、1500rpm~4000rpmという幅広い回転域で発生。低速から十分な加速性能を得られるようになっているのです。燃費もNAエンジン1.5Lモデルの18.2km/Lに対し19.4km/Lと、大きく上回っています。

 また、トランスミッションにはCVTが設定されています。欧州コンパクトではDCT(デュアルクラッチトランスミッション)との組み合わせがよく見られますが、「オーリス」は新ターボエンジンとのマッチングを検討したところCVTのほうが利点が多かったといい、この点にも注目です。

この記事の写真一覧

  • 20150413_auris_03
  • 20150413_auris_02
  • 20150413_auris_01
1 2 3

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 「オーリス120T」
    安全運転支援機構が人物(自転車も含む)にも対応していたら、今スグにでも買い替えたいと思う。
    前モデルオーリス150XSpackage74歳のオーナーです。
    ハイブリットはあまり興味がわきません。