旧型機が新型機を強くする? ボーイングが示すF-15戦闘機、その未来

導入から30年以上が経過する、航空自衛隊の主力戦闘機F-15。今後も長く使用される見込みですが、老朽化、性能の陳腐化といった問題はないのでしょうか。2015年9月、ボーイングが示した未来にひとつの答えがありました。

自衛隊のF-15はまもなく寿命?

 我が国の領空を警戒・防衛する航空自衛隊はF-4EJ改「ファントムII」、F-15J「イーグル」、F-2Aという3機種の戦闘機を配備しています。このうちF-4EJ改は老朽化から退役が目前で、来年2016年度より後継機F-35「ライトニングII」の導入が始まり、全42機が調達される予定です。

 近い将来F-15J、F-2A、F-35Aが新たな領空防衛の三本柱となるわけですが、F-2Aの調達数はF-35Aのおよそ2倍の94機(複座のF-2Bを含む)、F-15はさらにその倍に達する213機(複座のF-15DJを含む)を調達済みであり、当面のあいだは最も古いF-15Jが、我が国の主力戦闘機であり続ける見込みです。

 F-15Jは、8000飛行時間の構造寿命を持つよう設計されています。航空自衛隊は年に約200飛行時間を消化しているので、単純計算で40年の実用に耐えます。F-15は1981(昭和56)年より航空自衛隊へ導入が始まったので、一番古い機体は「34歳」であり、数年後には8000飛行時間に達する機体も出てくると思われます。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 現在でさえ、機体の運用年数は30年に達しているのに、あと50年はさすがに機体がもたないのでは?
    標的機なら使えそうですが。

  2. 現在なら旧式のF15でも戦力になると思いますが、50年間の内に周辺の国々もF22に匹敵する戦闘機を配備するでしょうから、たとえ近代化改修で飛行能力を維持できてもステルス性能に劣るF15は真っ先に落とされるのでは。いっそのこと、F15を無人機に改造して、囮として使ったほうがいいのかもしれません。

  3. 正誤を補足します。
    正:F-35の同時交戦能力が、理論上2機から最大18機にまで増大されるわけです。
    誤:F-35の同時交戦能力が、理論上2機から最大16機にまで増大されるわけです。

  4. 上記正誤について。
    超射程のアムラームを基本としているため、16発で問題なし。
    短射程のサイドワインダーを遠距離のF15が撃っても仕方がない。