鉄道博物館「蔵出しナイトミュージアム」開催 初のジオラマ運転体験も

鉄道博物館が、開館8周年を記念して夜間イベント「蔵出しナイトミュージアム」を開催します。

D51の最難関コースも解禁

 鉄道博物館(さいたま市)が2015年10月17日(土)、「蔵出しナイトミュージアム」を開催します。これは同館の開館8周年を記念して、通常営業を終了したあとの夜間、普段は行っていない特別イベントを実施するものです。

151006 teppaku 01
2007年10月14日に開館した鉄道博物館(2009年3月、恵 知仁撮影)。

 この「蔵出しナイトミュージアム」では、開館8周年にちなんで「8つの蔵出しイベント」を用意。このうち「D51シミュレータ最難関コース解禁」「模型鉄道ジオラマ運転体験」「国鉄最後の総裁デスク展示」は、開館以来初めての企画です。

 そのほか「ナハネフ22形式車内公開&寝台特急関連展示」「御料車庫ツアー」や、鉄道博物館スタッフの人気投票による「てっぱく監修オリジナル駅弁」の販売、EF55形機関車への「8周年記念オリジナルヘッドマーク展示」、「鉄道博物館特別ギャラリートーク『新幹線前夜』」が予定されています。

 イベントの開催時間は17時30分から21時まで(最終入館は20時30分)。入館料は通常通りで、17時30分以降の入館者には、先着2000人へ「てっぱくオリジナルチケットフォルダー」がプレゼントされます。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント