高尾山口駅に温浴施設 3種類の露天風呂 京王

京王線の高尾山口駅に日帰り温浴施設がオープン。3種類の露天風呂や檜風呂、サウナなどが楽しめるようになります。電車へのヘッドマーク掲出も。

効能は関節痛や冷え性など

 京王電鉄は2015年10月16日(金)、高尾山口の隣に日帰り温浴施設「京王高尾山温泉/極楽湯」を10月27日(火)にオープンすると発表しました。

 同施設は、石張りの炭酸風呂と岩風呂、座り湯の3種類が楽しめる「露天風呂」と、檜風呂(マイクロバブル)、替わり風呂、水風呂、サウナを備える「内風呂」で構成。源泉の「京王高尾山温泉」はアルカリ性単純温泉で、温度は26.2度。湧出量は毎分300リットルといいます。

 同施設によると筋肉痛や関節痛、冷え性、疲労回復、健康回復などに効能があるとのこと。

京王線の高尾山口駅に温浴施設がオープン。電車へのヘッドマーク掲出も行われる(画像出典:京王電鉄)。

 10月27日のオープン当日は、同社のキャラクター「けい太くん」などが出席してオープニングセレモニーを開催。11月8日(日)までの「開湯記念キャンペーン」期間中、各日先着500人にオリジナル入浴剤がプレゼントされるほか、グルメキャンペーンや回数券特別販売なども実施されます。

 また9月30日から運行を開始した、高尾山をイメージしたラッピング車両に、同施設をPRするオリジナルヘッドマークの掲出も行われます。

「京王高尾山温泉/極楽湯」の営業時間は8時~23時(入館は22時まで)。料金は1000円(オンシーズンは1200円)です。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント