高尾山をイメージした電車 ベース色は往年の2000系を復刻 京王

京王電鉄が9月30日から、高尾山をイメージしたラッピング車両を運行します。ベース色は往年の名車、2000系が由来です。

車体側面に5パターンのイラスト

 京王電鉄が2015年9月30日(水)から、高尾山の自然をイメージしたラッピング列車を運行します。8000系電車(8713編成)1本を、「春」「夏」「秋」「冬」「若草」という5パターンのデザインでラッピング。高尾山の季節の移り変わりが表現されています。

車体側面のイラストで四季折々の高尾山を表現(画像出典:京王電鉄)。

 なお、ラッピングのベース色である「緑」は、「1957(昭和32)年から1983(昭和58)年まで運行した2000系を復刻」(京王電鉄)したといいます。

 このラッピング電車では当面のあいだ、中吊り広告も高尾山エリアに関係するものになります。また、京王電鉄が展開する「TAKAOプロモーション」のロゴを使用したヘッドマークも掲出されます。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント