鉄道博物館、まもなく来館800万人 記念イベント開催

鉄道博物館の来館者がまもなく800万人を達成する見込みです。それを記念した特別イベントが開催されます。

「8」に関係する収蔵車両で特別イベント

 鉄道博物館(さいたま市大宮区)が2015年12月5日(土)から12月13日(日)までの8日間、特別イベント「ご来館800万人達成Week」を開催します。

 同館は2007(平成19)年10月14日、「鉄道の日」にオープン。現在、累計の来館者数が800万人に近づいており、12月5日中に達成する見込みとのこと。

特別イベントが実施される収蔵車両(画像出典:鉄道博物館)。

 鉄道博物館は「ご来館800万人達成Week」期間中、“800万人”にちなんで数字の「8」が形式名に入っている収蔵車両で特別イベントを実施。クハ181形電車(特急「とき」仕様で展示)の運転室が初公開されるほか、9850形蒸気機関車の汽笛が初めて鳴らされます。

 そのほか、EF58形電気機関車とクハ481形電車(特急「ひばり」仕様で展示)の運転室を公開。なおすべての運転室公開イベントは、見学可能な人数に限りがあります。

 この特別イベント「ご来館800万人達成Week」は無料で、同館の入館料のみで参加可能。期間中は先着8000人に記念ステッカーが配布される予定です。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント