新幹線50周年の100円硬貨、来年分は入手が容易に? 発行枚数増える

前回の5新幹線よりは入手が容易に?

 1964(昭和39)年10月1日、東京~新大阪間から営業運転を始めた新幹線は昨年2014年、開業50周年を迎えました。この100円硬貨はそれを記念して発行されるもので、今年2015年4月22日には、東海道・山陽・東北・上越・北陸新幹線のものについて引き換えが始められています。

Large 151204 100yen 02
東海道・山陽・東北・上越・北陸の各新幹線をデザインした記念100円硬貨。裏面は9種類共通で、初代新幹線0系が描かれる(画像出典:財務省)。

 この5路線のうち発行枚数が最も多かったのは、2015年3月に金沢駅まで延伸開業した北陸新幹線でした。前回も今回も、直近に開業する新幹線の発行枚数が最も多くなっています。

 またこの5路線の発行枚数は、最多の北陸でも236万枚でした。しかし、来年発行される4路線は最多の北海道が301.6万枚と、全体的に前回より多い枚数が発行されるようになります(東海道は232.4万枚、山陽は229.2万枚、東北は230.4万枚、上越は228.8万枚の発行)。

 前回の5路線について、4月22日の引き換え当日に「入手できなかった」という声も珍しくありませんでした。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント