CAの契約社員制度を廃止 すべて正社員へ JAL

JALが来春から客室乗務員職の契約社員制度を廃止。すべてのCAが正社員として雇用されます。

グループ各社でも検討

 JAL(日本航空)は2015年12月15日(火)、2016年4月に客室乗務職における契約社員制度を廃止し、在籍する契約社員を正社員として雇用すると発表しました。

 同社は、1994(平成6)年に客室乗務職の契約社員制度を導入。昨今の雇用環境や女性活躍を推進する社会情勢の変化をふまえて、同制度を廃止するものです。

ALの客室乗務員は来年4月からすべて正社員として雇用される(写真出典:JAL)。

 2016年4月以降に入社する客室乗務職は、正社員として雇用されます。またJALは「グループ航空各社においても、客室乗務職の雇用形態の変更について検討を進めております」としています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント