朝8時台 終電が日本一早い駅、廃止まで約1ヶ月 阪堺電車ダイヤ変更

阪堺電車が来年1月末にダイヤ変更を実施。現在、終電が日本一早い駅が廃止されます。

終電が朝8時台の廃止

 阪堺電車(大阪市住吉区)は2015年12月25日(金)、来年2016年1月31日(日)に行うダイヤ変更の内容を発表しました。

 上町線の住吉~住吉公園間(0.2km)は、同日付で廃止。これまで「日本一終電の早い駅」として知られた住吉公園停留場が姿を消します。

 現在、廃止される住吉~住吉公園間は朝7~8時台に平日5往復、土休日4往復のみの運転。住吉公園停留場では平日、朝8時24分に発車する天王寺駅前行きが“終電”です。

住吉公園停留場で発車を待つ阪堺電車(2008年7月、恵 知仁撮影)。

 上町線の住吉~住吉公園間は敷設後60年近くが経過。阪堺電車によると老朽化が進み、安全運行の継続には数億円規模の改修が必要であり、同社の経営に大きな影響を及ぼすことから廃止という決断に至ったとのこと。

 なお廃止予定の住吉公園停留場から100m足らずの場所に、同じ阪堺電車の住吉鳥居前停留場が存在しています。

1 2

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント