来年度は「漢字」が主役 恒例の東京メトロ、マナーポスター

1974年から東京メトロの駅や車内に張られているマナーポスター。2016年度は「漢字」でマナー向上を呼びかけます。

1文字で瞬間的にメッセージが伝わる

 東京メトロは2016年3月28日(月)、2016年度のマナーポスターについて、「漢字」をメインにしたデザインにすると発表しました。

160328 metromanner 01
乗降時のマナーについて、「扉」の漢字で表現した4月のポスター(画像出典:東京メトロ)

 漢字とあわせて、少年キャラクターの「チカオくん」がグッドマナーや迷惑行為について考え、行動していく様子を描き、利用者に共感と気付きを与えていく内容です。同社は漢字を採用した理由について、「遠くからでも一文字で、瞬間的にマナー向上へのメッセージが伝わり、外国人のお客様の興味も喚起できる」としています。

 このマナーポスターは1974(昭和49)年から掲出が行われており、今回の「漢字シリーズ」は、2016年4月から2017年3月まで月替わりで駅や車内に掲出。「スマートフォンのながら歩き」や「荷物の置き方」などが、テーマとして取り上げられる予定です。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント