豪華列車「ななつ星in九州」秋、冬分は平均倍率24倍 最高は185倍も

JR九州は豪華クルーズトレイン「ななつ星in九州」第9期(2016年10月~2017年2月出発分)における予約受付結果を発表。平均倍率は24.1倍でした。

海外22か国などからの申し込みも

 JR九州は2016年5月27日(金)、豪華クルーズトレイン「ななつ星in九州」第9期(2016年10月~2017年2月出発分)における予約受付結果を発表しました。

 合計196部屋に対し申込件数は4736件で、平均倍率は24.1倍。このうち海外からは、22の国と地域から165件の申し込みがありました。ちなみに第8期(2016年4月~9月出発分)の平均倍率は26倍です。

JR九州が2013年から運行を開始した豪華クルーズトレイン「ななつ星in九州」(2014年11月、恵 知仁撮影)。

 今回の募集で最も人気が高かった日程と部屋は、2016年10月12日(水)に出発する3泊4日コースの「DXスイートA」で、倍率は185倍でした。この「DXスイートA」は「ななつ星in九州」で1部屋のみ設けられた最上級の部屋で、展望室構造になっています。「DXスイートA」を利用するツアー行代金は、3泊4日コース2名1室利用で1人あたり85万円(10、11月)、または80万円(12~2月)です。

 なお「ななつ星in九州」には、運行開始から2016年4月30日(土)までに3224組が乗車。JR九州によると、そのうち585組が今回の募集に申し込んでおり、リピーター率は18%といいます。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 海外からの顧客を増やすより先に、まだ当選していない国内客を優先させてほしい。私は申し込み続けてもう3年です。