F-35A、ついに実戦配備 しかし機関砲、SWなし 空自導入に問題は

対地攻撃能力に偏っているF-35A、空自導入に懸念の声も

 現在、F-35Aが使用可能な兵装はAIM-120「アムラーム」視程距離外空対空ミサイル、「JDAM」GPS/慣性誘導爆弾、「ペイブウェイII」レーザー誘導爆弾のみであり、空対地戦闘能力にかなり偏っています。

 空対空戦闘能力が限定的で、空対地戦闘能力に偏っているF-35A。そのため、おもに戦闘機としてF-35Aを使用したい航空自衛隊への導入は、問題があるのではないかと一部で指摘されているようです。

Large 160804 f35a 02
空対地能力に偏った形で実戦配備されたアメリカ空軍のF-35A(写真出典:アメリカ空軍)。

 しかしながらこうした懸念は、「無用な心配」といえるでしょう。

 戦闘機の開発には非常に長い時間が必要なため、優先順位をつけて順次機能を実装してゆくやり方がとられます。そのためF-35Aは実用化されたとはいえ、まだ“本領を発揮できない状態”です。

 今回のF-35A実用化は、「ミッション(戦闘)システム」のソフトウエア「ブロック3i」の完成により、達成されました。

 この「ブロック3i」において使用可能な兵装は先述の通り、空対地戦闘能力に偏っていますが、目視距離内の交戦に必要なAIM-9X「サイドワインダー」短射程空対空ミサイルや機関砲を射撃する機能も、「完全作戦能力」を得る「ブロック3F」ソフトウェアにおいて実装される見込みです。

テーマ特集「【ミリタリー】なにがすごい? F-35特集」へ

【夏休み】お得な航空券ならスカイチケット

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

6件のコメント

  1. 航空自衛隊が導入するF35Aは制空戦闘機型です。25ミリ機関砲を装備していますし,サイドワインダーも装備可能です。何をどう間違ったら「対地攻撃型」と混同できるのでしょうか?

    • えっ ・・・ そのような間違った理解をしない様に、と読者にクギを刺す目的で描かれた記事ですよね、これ

    • えー 一応F-35Aはサイドワインダーも25mm機関砲も装備できます
      ですが現在のソフトウェア ブロック3iではサイドワインダーと25mm機関砲の統合は出来てません ですから記事はきわめて乱暴で誤解を招く表現が多いのですが大枠では正しい 
      サイドワインダーと25mm機関砲のシステム統合は次のブロック3Fで実現します 完成は2018年といわれています システムアップデートなので完成さえすれば空自機にもすぐに統合されますよ

    • asamasanroku-railさん

      記事タイトルとか、「現時点のF35Aは...」と書かないところとか、途中までだけ読まれたら、誤解されても仕方ない。
      「煽れば読んでもらえる」と考えてるライターさん達なのだから、仕方ない。
      そういう記事をちょくちょく載せるのりものニュースなのだから、仕方ない。

  2. ちょっとググればすぐわかる程度の事実確認もせずに
    間違った情報をでかでかと書いて
    よく軍事評論家を名乗れるな

  3. タイトルが・・・
    【F-35A、ついに実戦配備 しかし機関砲、SWなし 空自導入に問題は】
    これは嘘八百ねつ造でしょ、「~なし」ってさ。
    言い訳すら出来ないよね。