藤子Fアニメ5曲を発車メロディーに一挙導入 南武線2駅で9月3日から

「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」開館5周年を記念し、2016年9月3日からJR南武線の登戸駅と宿河原駅の発車メロディーが、藤子・F・不二雄作品のアニメソング5曲に変わります。

藤子Fミュージアム開館5周年にあわせ変更

 川崎市は2016年8月16日(火)、JR東日本 横浜支社と連携し、南武線の登戸駅(川崎市多摩区)と宿河原駅(同)の発車メロディーを藤子・F・不二雄作品のアニメソングに変更すると発表しました。

「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」(川崎市多摩区)が今年9月3日(土)に開館5周年を迎えることを記念し、同日からミュージアムに近いJR登戸駅と宿河原駅に導入されます。発車メロディー5曲の同時変更は、JR東日本管内の駅では初めてとのこと。ちなみに9月3日はドラえもんの誕生日でもあります。

 JR登戸駅は、1番線がアニメ『ドラえもん』の『ぼくドラえもん』、2番線がアニメ『パーマン』の『きてよパーマン』、3番線が『ドラえもんのうた』です。

 宿河原駅は、1番線がアニメ『キテレツ大百科』の『すいみん不足』、2番線が現在のアニメ『ドラえもん』で使用されている『夢をかなえてドラえもん』です。

 なお、ミュージアムから同様に近い小田急線の登戸駅では現在、『夢をかなえてドラえもん』と『きてよパーマン』が、向ヶ丘遊園駅(川崎市多摩区)では『ドラえもんのうた』と『はじめてのチュウ』が接近メロディーとしてそれぞれ使用されています。同じ曲目の場合、異なるフレーズを使用するとしています。

160819 fujikofhatsumelo 01
登戸駅と「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」を結ぶ直行バスのリニューアルイメージ(画像出典:川崎市)。

 9月3日(土)からは、登戸駅とミュージアムを結ぶ直行バスのデザインもリニューアルされます。大型車1台と中型車1台が対象。残り2台のバスも2017年1月にリニューアル予定です。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント