新型ホームドア試行導入へ 機構簡素化、ドアはフレーム構造 JR東日本

JR東日本が、従来のものより開口部が広く低コストで工期短縮が可能なホームドアを横浜線の町田駅に試行導入します。

町田4番線に設置

 JR東日本は2016年9月6日(火)、従来のものより開口部が広く低コストで工期短縮が可能なホームドアを、横浜線の町田駅(東京都町田市)に試行導入すると発表しました。

町田駅に試行導入される新型ホームドアのイメージ(写真出典:JR東日本)。

 JR東日本メカトロニクスが開発したこの新型ホームドアは、既存のものと同等の強度を確保しながら内部構造を簡素化。ドア部分はフレーム構造で左右にスライドし、開口部は列車の停止位置の許容範囲が広がるよう、幅広(2.8m)にされています。

新型ホームドアの開口幅は、山手線の駅に導入されているホームドアより約80cm広い(画像出典:JR東日本)。

 ホームドアの設置場所は横浜線・町田駅の4番線です。機能確認のため、年内に車掌側(東神奈川方)1両分が先行して設置され、続いて2016年度末に編成両数(8両)分が整備される予定です。設置後は、その後の展開に向けた検証が進められます。

 なお、これに伴い横浜線では、11月20日(日)に一部列車でダイヤ変更が行われます。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. その前に上野東京ラインの遅延を何とかしろよ

    • 慣れたよ。

  2. 走り回る2歳児の身長は85センチ程度ですので、ノーガードで転落ですね

  3. こんなチャチなフレームじゃ自殺防げんよ?