JR東日本エリア「駅弁頂上決戦」今年も開催 過去最多の新作29種、写真付き全リスト

ビーフカレー、50品目… 関東エリアは9種類

Large 161001 ekiben 08
左上から時計回りに「上州牛の和風ビーフカレー」「いばらきいいものとりあい弁当」「ぐんまの秋弁当」(写真出典:JR東日本)。

●関東
・「上州牛の和風ビーフカレー」1600円:高崎駅(荻野屋)
レストランのような演出の器。地元食材を生かした新作駅弁。

・「いばらきいいものとりあい弁当」1100円:水戸、いわき駅(しまだフーズ)
「つくばの鶏」など食材9種。茨城のおいしさいいとこどり。

・「ぐんまの秋弁当」1100円:高崎駅(高崎弁当)
9つのマスに秋の彩りと風味。ぐんま産のおいしさを駅弁に。

Large 161001 ekiben 09
左上から時計回りに「彩の国黒豚勧進帳弁当」「旨だれ炙り焼き豚とん弁当」「紅葉」(写真出典:JR東日本)。

・「彩の国黒豚勧進帳弁当」1300円:大宮駅(ひびき)
ひびきが贈る極旨「黒豚劇場」。味噌漬けとほろほろ煮の競演。

・「旨だれ炙り焼き豚とん弁当」1180円:熱海、小田原駅(東華軒)
鶏がらスープが利いた豚バラ。炙り焼きの旨さをアツアツで。

・「紅葉」1000円:千葉、木更津駅(リエイ 万葉軒千葉工場)
食欲の秋、真っ向勝負の新作。容器も食材も紅葉のイメージ。

Large 161001 ekiben 10
左上から時計回りに「まぐろいくら弁当」「日本のおもてなし弁当」「50品目バラエティ弁当」(写真出典:JR東日本)。

・「まぐろいくら弁当」1250円:東京、上野、品川、新宿駅(NRE大増)
漬けまぐろといくら醤油漬け。海鮮のエッセンスを駅弁に。

・「日本のおもてなし弁当」1150円:東京、上野、品川、新宿駅(NRE大増)
お寿司をメインにおもてなし。和の雰囲気の国際感覚駅弁。

・「50品目バラエティ弁当」1350円:東京、上野、品川、新宿駅(NRE大増)
バラエティ豊かな50品目。ボリューム満点2段重ね弁当。

 なお歴代の「駅弁大将軍」は、2012年が直江津駅(新潟県上越市)の「鱈めし」(ホテルハイマート)、2013年が米沢駅(山形県米沢市)の「牛肉どまん中」(新杵屋)、2014年が同じく米沢駅の「米澤牛焼肉重 松川辨当」(松川弁当店)、2015年が大館駅(秋田県大館市)の「鶏めし」(花善)です。

【了】

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道を中心に、飛行機や船といった「乗りもの」全般やその旅について、取材や記事制作、写真撮影、書籍執筆などを手がける。日本の鉄道はJR線、私鉄線ともすべて乗車済み(完乗)。2級小型船舶免許所持。鉄道ライター/乗りものライター。

最新記事

コメント