パイロット最後の命綱「射出座席」 作り続け70年の老舗メーカー、7500人の命救う

【写真】射出座席で墜落するF-16から脱出する瞬間

Large 161001 syasyutsu 03
墜落するアメリカ空軍のアクロバットチーム「サンダーバーズ」のF-16から、射出座席で脱出する瞬間(写真出典:アメリカ空軍。この射出座席はマーチン・ベイカー社製ではない)。

この画像の記事を読む

Writer: 関 賢太郎(航空軍事評論家)

1981年生まれ。航空軍事記者、写真家。航空専門誌などにて活躍中であると同時に世界の航空事情を取材し、自身のウェブサイト「MASDF」(http://www.masdf.com/)でその成果を発表している。著書に『JASDF F-2』など10冊以上。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. このようにアメリカ軍は欠陥戦闘機で日本の空を飛び回り、たとえ墜落して市民が何百人なくなろうとパイロットは生きて、また欠陥戦闘機で飛び回るわけです。

  2. ロシアのズヴェズダのほうが0-0は実用化が早かったんでは
    あと、7500人目がどこの人だったかも気になるな