離着陸時、飛行機はなぜ客室を暗くする? 実は会社で異なる考え方

原則、明るいままのANA その理由は

 一方、ANA(全日空)は離着陸時における客室照明の取り扱いについて、ルールは特に設けていないといいます。

Large 161019 richakurikulight 03
JALとANAで異なる客室照明の扱い(2016年3月、恵 知仁撮影)。

 広報部によると、客室の照明は乗客に提供するサービスのひとつと考えていることから、離着陸時でも原則は暗くしないとのこと。ただ、たとえば深夜便などで乗客の多くが寝ているときなどは、チーフパーサー(客室乗務員の責任者)の判断で、離着陸時にも室内を暗くすることがあるそうです。

【夏休み】お得な航空券ならエアトリ!

この記事の写真一覧

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. ANAよりJALの考え方の方がもっともだと思える。なんでもかんでも明るけりゃいいってもんじゃない。

    安全第一こそが航空会社の最大のサービスだろう。特にJALは過去に大事故を経験してるから、逆に安全への意識が強いのかも。あのピーナッツ姫の会社にはその意識ないのかもなぁ。