ドミノ・ピザ、配達にトナカイ起用? 計画責任者に聞くその理由 背景に冬場の厳しい配達事情

ドミノ・ピザが冬場のピザ配達にトナカイを起用すると発表しましたが、はたして本気なのでしょうか。計画責任者に話を聞いたところ、その背景には、やむにやまれぬ冬場の配達事情がありました。

厳しい寒さの予測受け、配達員にトナカイ起用

 ピザのデリバリーチェーンを展開するドミノ・ピザ ジャパン(東京都千代田区)が2016年11月17日(木)、ピザ配達にトナカイを起用すると発表しました。北海道石狩市に、トナカイによるデリバリーのトレーニングを行う「デリバリー総合研究センター」を設営、すでに飼育員の指導のもと訓練を行い、最終調整中であることもあわせて発表しています。

 同社によると、これは気象庁が2016年9月、10月に引き続き11月10日(木)に発表した、今冬はラニーニャ現象が発生するという予測を受けてのもの。これにより、厳しい寒さになることや、ふだん降雪のない地域でもその可能性があることを踏まえ、社内に「降雪デリバリー対策室」を開設。検討の結果、今回のトナカイ起用に至ったといいます。

トナカイにドミノ・ピザのデリバリーボックスを装備させた想像図。ちなみにトナカイは「特に鼻が赤いということはありません」(大槻室長)とのこと(画像出典:ドミノ・ピザ)。

 念のためドミノ・ピザの広報担当に確認しましたが、「本気です」とのこと。さらに念のため、このプロジェクトの責任者である降雪デリバリー対策室の大槻室長に話を聞いたところ「全社を挙げ、いたってまじめに取り組んでおります」といいます。

「今回のプロジェクトは、冬場の厳しい配達環境を改善するためのものです。トナカイにはデリバリー用バイクと同じGPS装置をつけておりますので、自分のピザとトナカイの状況が地図上に表示され、お客さまにもひと目でわかります」(降雪デリバリー対策室、大槻室長)

 どう考えても本気とは思えない今回の発表ですが、その背景に、天候に左右される配達の問題があることだけは本当のようです。トナカイはさておき、これまで冬場、特に降雪時などは、どのように配達していたのでしょうか。

この記事の写真一覧

  • 161117_tonakai_01
  • 161117_tonakai_02
  • 161117_tonakai_03
  • 161117_tonakai_04
1 2 3 4

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. “働き手”のご機嫌伺いを忘れるんじゃないぞ(笑)

    ところで冬季が終わった後の彼らの処遇は?