新幹線も便利に 建設中の神奈川東部方面線、その効果 しかし抱える課題

相鉄沿線に限らない神奈川東部方面線の効果

 神奈川東部方面線の開通により、相鉄の二俣川駅(横浜市旭区)と新宿駅とのあいだが59分から直通44分に、目黒駅とのあいだが54分から直通38分に、湘南台駅(神奈川県藤沢市)と渋谷駅とのあいだが60分から直通51分に短縮される見込みです。これまで東京都心へ出るには「乗り換え」というワンクッションがあった相鉄沿線が、ベッドタウンとして存在感を高める可能性があります。

 利便性が高まるのは、相鉄沿線ばかりではありません。相鉄・東急直通線の途中に新横浜駅(仮称)が設置され、相鉄や東急の沿線などから東海道新幹線の利用がしやすくなります。新横浜駅(仮称)と渋谷駅とのあいだは、41分から直通30分になる見込みです(所要時間はすべて朝ラッシュ時を想定。乗り換え、待ち時間を含む)。

Large 161204 sotetsu 02
相鉄本線と神奈川東部方面線が接続する西谷駅付近(2016年12月4日、恵 知仁撮影)。

 しかしその建設は、予定より遅れています。今年2016年8月26日、相鉄・JR直通線は2018年度内から2019年度下期へ、相鉄・東急直通線は2019年4月から2022年下期へ開業時期が延期になる見込みであると、整備主体の鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)が発表。建設費も、約2739億円から約4022億円へ増える見通しであることが明らかにされました。

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

12件のコメント

  1. 都心開通は予定よりもさらに遅くなり、2020年以降になるとみている。
    その前に、おそらく建設が先行している新横浜―西谷を全通前に暫定開業させる運びになるだろう。
    またJR直通は湘南新宿ラインなどとのダイヤの兼ね合いで本数が限られ、場合によっては土壇場で中止になる危険性も危惧される。

    しかしこれで終わりにはならず、おそらく相鉄の西谷―二俣川は複々線化が必要になる。
    東急側も、開通後になって大倉山への駅設置が必要になる事態も考えられる。

    机上の論理だけですべて解決するような路線だとは思わない。

  2. 金剛組や慶雲館みたいに長期的な計画を考えないといけないかもね

  3. 東横線がパンクするんじゃないかねえ
    横須賀線直通に乗れなかった客が東横線直通を使って武蔵小杉で乗り換えとか、その逆とか
    列車も駅も混雑しそうだし、渋谷から先の他社線も相まって輸送障害がさらに重なりそうだ

  4. 島根県では問題あります

  5. 東急がしゃしゃり出てきた時点で話がややこしくなっている気がする。
    東急は羽沢あたりで折り返しでいいよ。

    • 確かにJRと東急は並行してますからね。

      ただ東急がしゃしゃり出てなければ、新横浜は無かった。東急も相鉄も新横浜折り返しらしい(直通以外)し、どちらも横浜/新横浜の両方につなげたかったのでしょうね。

    • まさかのJRが乗り入れOK出しちゃったから、東急が泡食ったんじゃないか。

  6. 東急は目黒線への直通が関の山でしょ。
    東横線は今でさえダイヤが有って無い様なものだし。

    • 日比谷線直通廃止で設定された区間運転(菊名-渋谷間)を新横浜方面に変更すれば可能かと…。

  7. ってかJRが湘南新宿つなげば渋谷新宿は問題ない。だから東急イラネ。
    目黒?大崎乗り換えの利便性をJRが努力すれば良い問題。
    新横?横浜経由ブルーラインで良いだろ。東神奈川経由時代を知っている身からすればそれだけでも充分。相鉄的にもそっちの方が利があるのでは?
    とにかく東急はいらん。

  8. 神奈川県では東急評判悪いですね。東横が特急出してきてから若干挽回しましたが。

  9. 相鉄沿線は民度が低い。