「静岡おでん」楽しめるSL列車、2017年1~3月に運行 大井川鐵道

大井川鐵道が、2017年1~3月に「おでん列車」を運行。お座敷車両で「静岡おでん」を楽しめるSL列車です。

計15日間運行予定

 静岡県内の大井川沿いを走る大井川鐵道は2016年12月6日(火)、「おでん列車」を2017年1月から3月までの計15日間に運行すると発表しました。

161206 ooioden 01
冬の蒸気機関車のイメージ(写真出典:大井川鐵道)。

「お座敷客車」をSL急行「かわね路号」に連結。この客車内で、参加者貸し切りのうえ、「静岡おでん」6品や弁当、缶ビールなどが提供されます。「静岡おでん」は静岡県中部の郷土料理。真っ黒な煮汁で、串に刺さったタネを煮込むのが特徴です。

 イワシやアジをすりつぶして作る「黒はんぺん」は、「見た目はグロテスクかもしれませんが、食材全部を利用して栄養をまるごと摂ることのできる郷土が誇るすぐれた逸品」(大井川鐵道)といいます。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント