「カシオペア」ツアー列車、北海道内の運転終了 2017年2月ラストラン

2017年1~2月における寝台特急「カシオペア」の車両を使用した団体臨時列車の運転計画が発表されました。2月をもって北海道内の運転が終了します。

旅行会社各社がツアーを発売

 JR東日本は2016年12月6日(火)、「カシオペア」車両を使用した団体専用列車の、2017年1~2月の運転計画について発表。2月26日(日)をもって北海道内の運転を終えることが明らかになりました。

161207 jrecassiopeiakiko 01
2017年2月をもって北海道内の運転を終える「カシオペア」車両の列車(写真出典:JR東日本)。

 2016年3月まで定期運行されていた寝台特急「カシオペア」のE26系客車を使用する形で、周遊タイプの「カシオペアクルーズ」や夜行寝台列車タイプの「カシオペア紀行」といった旅行会社のツアー専用団体臨時列車が、東日本を中心に運行されています。

 2017年1~2月は、かつての寝台特急時代と同じ上野~札幌間を運転。この列車への乗車を組み込んだ旅行商品が、各旅行会社から発売されます。列車の運転日と時刻は次のとおりです。

●運転日
・下り(札幌行き)
1月1日(日・祝)と1月7日(土)から2月25日(土)までの毎週土曜出発
・上り(上野行き)
1月2日(月・休)と1月8日(日)から2月26日(日)までの毎週日曜出発

●運転時刻
・下り
上野発16時20分、札幌着翌11時15分
・上り
札幌発16時38分、上野着翌11時52分

「カシオペア」車両を使った列車の北海道内の運転は、「JR貨物をはじめとする各社との協議の結果」(JR東日本)、2017年2月26日(日)の札幌発上野行きをもって終了します。

テーマ特集「【鉄道】瑞風、四季島、ななつ星…クルーズトレインの特徴、サービス、料金は?」へ

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 実際には「他社の営業エリアだから!」ではないのでしょうかね? 青函トンネルの仕様変更等は廃止理由に利用されているダケで・・・
    ここでも国鉄の分割民営化の弊害が出てしまっています。今でも旧国鉄のザル勘定だけを強固に改善させれば、改善型公営企業として国鉄のままに運営出来た筈と信じて疑いません。
    政治家が「我田引鉄」していたのも大きな要因でしたよ!