「最強の航空機」といえば? その一角なるか「ゴーストライダー」、搭載砲は105mm

「最強」の定義は難しいものですが、最強航空機の一角に食い込むであろうAC-130J「ゴーストライダー」が、まもなく実用化されます。「ガンシップ」にカテゴライズされる同機ですが、なにをもって「最強」といえるのでしょうか。

ガンシップAC-130J「ゴーストライダー」、まもなく実用化

「最強の攻撃機ないし爆撃機」は何でしょうか。

 何をもって「最強」と定義するかによって様々ですが、高いステルス性を持ち人類最強の通常兵器である13トン貫通爆弾を2発搭載可能なB-2A戦略爆撃機、核弾頭対艦ミサイルの飽和攻撃を想定したTu-22M爆撃機などがその候補にあげられると筆者(関 賢太郎:航空軍事評論家)は考えます。

161209 ghost 01
AC-130J「ゴーストライダー」ガンシップ。機体後方の105mmりゅう弾砲、前方の30mm機関砲と、いずれも左舷に集中搭載する(写真出典:アメリカ空軍)。

 そして2017年にアメリカ空軍における初期作戦能力獲得、すなわち実用化が見込まれるAC-130J「ゴーストライダー」もまた、「最強」攻撃機の候補といえる機種になるでしょう。

 AC-130Jは「ガンシップ」です。ガンシップとは主に、ヘリコプターに機関砲や対地ミサイルを搭載し、味方地上軍と密接に行動し敵に砲火を浴びせる「空飛ぶ砲撃陣地」といえます。

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 161209 ghost 04
  • Thumbnail 161209 ghost 01
  • Thumbnail 161209 ghost 02
  • Thumbnail 161209 ghost 03

最新記事

コメント

6件のコメント

  1. 私的には「ガンシップ」とは対地攻撃ヘリというより『ナウシカ』か『地獄の黙示録』だな。

  2. 恥ずかしいことに、PSで、もう何年も前に出ている。取材力、筆力の弱さが如実。プロでしょう?あなた。。。

  3. 相変わらずの子供騙しのような記事ですね。弾代が理由ならば機関砲で良いじゃありませんか。
    約100kgの弾頭を抱えて約100kmをGPSで飛ぶSDBは105mm砲と用途で重複はしない。
    付随被害最小化のグリフィンやバイパーストライクもまた同様で、弾薬単価のお話じゃない。
    射程8kmのヘルファイアと射程4kmのMK44では交戦距離にギャップが大きいので、
    これを是正し同一レンジで混合火力を発揮し、火力を持続可能なよう意図された結果です。

  4. 戦争とは莫大な経済行為、消費行為です!日々の節約が最終勝利につながります。

    >主兵装のGPS誘導滑空爆弾「SDB」は400万円するのに対し105mm砲弾は4万円、つまり1発あたりのコストは僅か1パーセントとはるかに安く攻撃できることや

  5. せめてWikipediaぐらい確認してから記事書いては如何ですか?(憐憫)
    105mm榴弾砲積んだ最初のモデルは既に退役済みのAC-130Eでは無いのですか?
    そもそも「最強」なんて厨房そのものな言葉を使う時点でお里が知れますが。プロならせめて「最大の火力を持つ最新のCAS機」とでも書けないものでしょうか。

  6. B-2より~ 普通に~ A10が好っき~!