利用者急増 小田急の「外国人旅行センター」 100万人目利用者の行き先は?

100万人目の目的地は、あの「聖地」

「小田急外国人旅行センター」は、観光や交通の案内だけでなく、乗車券などの発券も行うのが特徴。新宿・小田原の両センターのみで扱う外国人専用フリーパスもあります。箱根や富士山方面のフリーパスが売り上げの主力ですが、近年は神奈川県の江の島、鎌倉方面に向かう人も増えているとのこと。100万人目の利用者も、そのひとりでした。

Large 161213 odakyuforeigner 02
「小田急外国人旅行センター・新宿」には多くの外国人旅行者が訪れる(2016年12月13日、中島洋平撮影)。

「日本の漫画『スラムダンク』が好きで、その舞台といわれる鎌倉に行こうと思って来ました」と、100万人目の利用者である台湾人留学生の顧依凡さんと、その友人の季承洋さんは話します。顧さんには記念品として、ホテル「ハイアットリージェンシー東京」(東京都新宿区)の食事券などがプレゼントされました。

「日本の交通機関は、人はもちろん、案内看板なども親切。日本語がわからなくても、内容を詳しく知ることができます」と顧さん。小田急線の利用は初めてでしたが、駅係員にこのセンターを案内され、対応に満足していました。

 なお、利用者100万人達成を記念し、同センターで外国籍のパスポートを提示のうえ乗車券類を購入した先着5000人にトートバックがプレゼントされます。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント